被災ママ。子連れボランティア、はじめました。

乳幼児を抱えて被災。2015年〜2016年まで水害発生から子育てしやすい街づくりを目指して、母目線での活動をしていました。その後ブログは更新せずに個人的な活動は継続。 この度2018年10月〜水害をきっかけに学んだことを綴っていこうとブログの封印を解きました。

常総から福岡の被災された方に届けたいメッセージ

熊本地震により被災された方が、熊本だけではないこと、ちゃんと知っています。 福岡や大分でも避難されている方がいること、ちゃんと知っています。 熊本だけがメディアで取り上げられているかもしれません。 時間が経つにつれ、今回の地震に関するニュース…

【熊谷地震の被災者を応援したい】宅配業社の熊本方面の集配について

ヤマト運輸 (2016/04/18 16:00現在) ���ו��̂��͂��x���ɂ‚��� 佐川急便 (2016/04/18 15:00現在) 4/18より下記集荷・配達不能地域を除き再開しています。注意点などは「熊本県行のお荷物受付再開と、熊本県を中心...│重要なお知らせ│佐川急便株式会社<SG…

妊婦・産婦・乳幼児とその家族が用意しておきたい非常時グッズとは

被災されたすべての方の安全を祈るとともに 突然襲ってくる自然災害に人はなす術がありません。恐怖でパニックに陥るかもしれません。PTSDに悩まされるかもしれません。それでも、本能とでもいうのか、生きるために必死の行動に出るはずです。 東日本大震災…

被災地へ支援物資を送りたいと思ったら読む記事

被災地に支援物資が届けられる現場を見たり、実際に仕分け作業や運搬をしたりして、感じたことがあります。 (当ブログ管理者は平成27年関東・東北豪雨により被災経験あり) 被災地へ支援物資を送りたい方が、今できること 準備と待機、です。 支援物資とク…

「防災ママCafe」@下妻市サクラまつり スローマート 2016年4月3日

下妻市サクラまつり スローマート内に「防災ママCafe」を出店しています。お立ち寄りいただいた方、ありがとうございます!日陰はちょっと肌寒いので、自然焙煎の玄米茶でほっこりしてください(^^) 本日ブースに用意しているパネルや冊子などを当ブログにて…

なんと素晴らしいことでしょう!古民家修繕⇄日本語学習

3/22/2016 Tue ピノキオハウスプロジェクト 4日目 三連休が終わり、ピノキオハウスは静かです。 午後少しだけ時間ができたので、何か出来そうなことあるかな〜っとピノキオハウスに行ってみました。 あれ!?フォークリフトある! 近所の鉄くず屋さんが引き…

子供ボランティア。もっと広まるといいね。

3/21/2016 Mon ピノキオハウスとは 水害で被害に遭った古民家を修繕し、常総市の被災ママと子供たちや地元の方々と在日外国人の方々との交流や学びの場としての開設を目指しています。常総市地域交流グループ「ココイク」(以下、「ココイク」)としては、子…

子連れボランティアが子離れボランティアになった!

3/20/2016 Sun ピノキオハウスとは 水害で被害に遭った古民家を修繕し、常総市の被災ママと子供たちや地元の方々と在日外国人の方々との交流や学びの場としての開設を目指しています。常総市地域交流グループ「ココイク」(以下、「ココイク」)としては、子…

ピノキオハウスプロジェクト始動!1日目の報告

3/19/2016 Sat ピノキオハウスプロジェクト初日 ピノキオハウスとは、水害で被害に遭った古民家を修繕し、常総市の被災ママと子供たちや地元の方々と在日外国人の方々との交流や学びの場としての開設を目指しています。常総市地域交流グループ「ココイク」(…

育児ストレスが笑いに変わる #吉育三

子供はかわいいですよ。もちろんね。 でも、頭のテッペンから沸騰するくらいキーーーッてなることあるんですよ。 それが吉幾三さんの「オラ東京さ行くだ」のメロディーに乗せて、うまいこと替え歌になってるんです( ̄▽ ̄) Twitterでジワジワきてます。笑わせ…

被災ママ。子連れボランティア、はじめる。

長女出産後に専業主婦になり早5年、2015年9月に私たちが住む茨城県常総市は豪雨による水害に見舞われました。困っている人たちがたくさんいるのに、子供がいるから何も出来ないことがもどかしく(何も出来ないと言っても、災害時に子供を守り、安心させ、一…

水害発生、避難する前にやっておきたい5つのこと。

関東・東北豪雨により被災してからの活動(水害から半年間の活動を「被災ママ。子連れボランティア、はじめる。」にまとめました)を通して、たくさんの地元住民/被災者や地元住民/ボランティアに出会いました。また、乳幼児を持つ被災ママさんたちとの交流…

避難所はどうあるべきか?嫌われる避難所と好かれる避難所

自治体のホームページに避難所の情報が掲載されているはずですが、避難先選びを間違えると、行ってみたらとんでもない環境だったということがあります。 関東東北豪雨で被災地に指定された茨城県常総市では、「避難所に指定されていたから市役所に避難した」…

水害発生、街から子供の遊び場が消える!?

水害。自分が住んでいる街が被災するまでは知らなかった事がたくさんあります。 本当に無知でした。 「雨が降ったからびちゃびちゃで公園は遊べないね」とよく子供との会話に出てきますが、そのくらいのことを想像していたのです。 冠水したのだから、雨より…

全国から届いた応援メッセージに涙!

水害発災から4ヶ月以上が経ったある日のこと。諸手続きのため常総市役所へ行ったとき、全国から届いた応援メッセージが飾られていたのです。 以前にも飾られていたのでしょうか。発災後のドタバタ居候生活で気付かなかっただけでしょうか。 みなさんの励まし…

ハザードマップはそのまま活用するのが難しい

「平成27年9月関東・東北豪雨」により被災した乳幼児3人の母です。もし仮に万が一、また自然災害が起こったときのために避難先を知っていたいと思い、「防災課」を頼りに常総市役所職員に尋ねると、「安全安心課」が担当部署だと教えられたので行ってきまし…

災害に見舞われたときに被害状況を確認したいときは

大雨が続いたり、局地的豪雨に見舞われたとき、テレビを付けて天気予報を見る方は多いと思います。現在はdボタンという便利なツールもありますよね。それと同時に、TwitterやFacebookなどのSNSを利用してリアルタイムの情報を得ることもとても重要です。 Twi…

水害後の住宅修理: 新しい断熱材として吹き付け断熱を選ぶ

我が家には、ビニール袋(?)に詰められた黄色い綿のような「グラスウール」と呼ばれる断熱材が詰められていました。 水害被害に見舞われた家屋は、壁や床を剥がし、断熱材を撤去した後、1〜2ヶ月の乾燥が必要です。 (ここから更に壁を壊すことになりまし…

床上浸水しても適用されない「被災者生活再建支援制度」

大規模な洪水被害に襲われた茨城県常総市ですが、住民の不安はまだまだ続いています。 被災者に対する支援が適用されない世帯が多すぎるのです。あれだけ連日報道されていた大規模水害ですが、多くの住宅が床上浸水したにも関わらず、床上100cm未満が「半壊…

被災地で開催されるクロネコキャラバンとは?

クロネコキャラバン=家具や家電の移動販売 クロネコキャラバンを初めて耳にする方も多いかと思いますが、実はこれ、東日本大震災の復興支援として始まった事業の一つなんです。 台風18号の影響による洪水被害に見舞われた茨城県常総市では、家財を失った被…

鬼怒川決壊現場。決壊から21日後、自分の目で現場付近を見て、歩いた。

あの日、自宅や実家の心配をしながら、鬼怒川の水量を見に行ったり、僅かな荷物を運んだり、友達の実家の様子を見に行ったり、とにかく心配でそわそわしていました。 そして、常総市三坂町の恐ろしい光景がテレビに映りました。 それからはテレビをつけっぱ…

災害を経験した子供の心のケア

我が家の2番目は、精神的ストレスを素直に態度で示してくる子なので、災害後とてもわかりやすく態度に出しまくっています。 親としては、やる事が山積みの時にあまりにも言う事を聞かず、ギャーギャー泣いてばかりいると、つい怒ってしまいがちです。 大人も…

福知山市の被災ママさんたちから学んだこと

基本は、水に浸かったものは捨てること。特に重要な分かれ目は、子供のものか大人のものかってところでしょうか。 子供は口に入れたり、かじったり。おもちゃなど、もったいないと思っても捨てるっていうのは、そういうことかな。それでも、捨てたくないもの…

福知山市の被災ママさんが教えてくれたこと

【福知山市のママAさんが教えてくれたこと】 「ちょっとでも水に浸かったものは、消毒して洗ったとしてもどんなばい菌が付いてるか分からないから、破棄して下さい。」と保育園からお願いされてたよ。 それをもったいないからと、使う人ももちろんいたと思う…

水害発生!先人の知恵を乞うしかない!

今回の常総市の水害発生から数日後、京都府福知山市在住の友人から「何か出来ることがあれば力にならせて!」と連絡がありました。当初は個人的な物資提供を申し出てくれたので、ありがたく受け取りました。それで十分です。彼女と連絡を取るたび、心配や応…