被災ママ。子連れボランティア、はじめました。

乳幼児を抱えて被災。水害発生から子育てしやすい街づくりを目指して、ママとこどものためなら何でもやる気持ちで、いろんな挑戦をしています。

子連れボランティアが子離れボランティアになった!

3/20/2016 Sun

?ピノキオハウスとは? 水害で被害に遭った古民家を修繕し、常総市被災ママと子供たちや地元の方々と在日外国人の方々との交流や学びの場としての開設を目指しています。常総市地域交流グループ「ココイク」(以下、「ココイク」)としては、子連れで参加できるママのためのイベントを開催する予定です。そして、ここがココイクの事務所にもなります。

??ピノキオハウスプロジェクト 2日目??

今日はチビたちを夫くんに預けて、ガテン系作業です。天気もいいし、たくさんのヘルプが入って、楽しいーーー(^o^)

ガテン系と言っても、それぞれができる事をやる。力がない人に重いものを持たせるような事はないのです! (当たり前か?)

昨日に引き続き、新潟の大工さんチームがリードしてくれました! f:id:mamatokodomo:20160323013417j:plain

私に割り当ててくれた作業は敷居の傷防止。乾いた泥の掃除や釘抜きなど、手が空いたら他の作業へ。

「つながり」さんのメンバーもたくさん来てくれていました!古い石膏ボードを剥がしたり、エアーコンプレッサーで隙間のゴミを出したり、噴射機(?)で床下の木材や柱に消毒剤を散布したり。 f:id:mamatokodomo:20160323014056j:plain

この古民家がどんな風に利用されるかを知った人たちからは、「楽しそうですね」「私の地元にもあったらいいだろうな」「知れば知るほど興味が湧いてくる」など、賛同・応援の声がたくさん上がりました❣️

あっという間でした。みなさん、ありがとう!

<作業チーム> つながり 新潟大工チームPowder Recon Japan ピノキオクラフトクラブ ココイク